TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

女性格闘家 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    【Road to 横浜文体2020】OZアカデミー 復活祭!

    おはこんばんちは。 ようやくプロレスハートに火がともった A-show2です。 エンターテイメントに見せられる瞬間は、 心が震えた時です。 心が震えると病みつきになります。 私にとってはプロレス観戦は、 不要不急のものです。 なくてはならないものです。 病気にならなくても、 何もする事もなく家にいてする事がない。 こんなに辛いことってありますか? それなら死んだ方がマシと思う人もいます。 日…

    A-show2

    Woman's Wresling Media(Enjoy of life Sports&Entert

    読者になる

続きを見る

  • 報知プロスポーツ大賞

    報知プロスポーツ大賞

    報知プロスポーツ大賞(ほうちプロスポーツたいしょう)は、報知新聞社が毎年12月に発表するプロスポーツの賞。1976年創設。日本においては日本プロスポーツ大賞(日本プロスポーツ協会主催)と並び称されるプロスポーツマン最大の表彰。 ・プロ野球(セ・パ各1名) ・プロゴルフ(男女各1名) ・大相撲 ・プロボクシング ・Jリーグ ・特別功労賞 ・特別賞 ・フレッシュ賞 http://hochi.yomiuri.co.jp/event/prospo/index.htm

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 1人

  • HBO (Home Box Office Inc.)

    HBO (Home Box Office Inc.)

    タイム・ワーナーの傘下で、ニューヨークに本部がある。HBOおよび映画専門チャンネル「Cinemax」を運営している。加入世帯は2006年末で約4000万世帯。 ケーブルテレビ局では基本セット料金とは別に料金がかかる(ペイテレビ)ことから、HBOは日本におけるWOWOW、Cinemaxはスター・チャンネルと同じような位置付けの局である。なお、視聴者からの視聴料を主要な財源としているため、放送中にコマーシャルが流れることはない。 1999年よりHDTV放送を開始。現在はHBO・CinemaxのすべてのチャンネルがHDTVで放送している。 日本では、ジュピターテレコム(J:COM)子会社のジュピターVODと契約、2007年10月よりJ:COMのビデオ・オン・デマンドサービス「J:COMオンデマンド」でHBO作品を放送。  HBO製作の主なドラマ ・ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア ・セックス・アンド・ザ・シティ ・シックス・フィート・アンダー ・OZ/オズ ・ROME[ローマ](BBCとの共同制作) ・ラリーのミッドライフ★クライシス ・THE WIRE/ザ・ワイヤー  映画 タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザーズの他、ドリームワークス、20世紀フォックス、ユニバーサル映画、ニュー・ライン・シネマとペイテレビ独占契約を結んでいる。  スポーツ番組 Showtimeと並ぶ2大ボクシング中継局として知られており、「ワールドチャンピオンシップボクシング」として数多くの世界タイトルマッチを中継。ビッグマッチになるとPPVで中継される。 また、1977年より2007年シーズンまでNFLの情報番組「Inside the NFL」が放送されていた。ケーブルテレビで放送されている番組としては最長寿番組であった(2008年シーズンからはShowtimeに移行)。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 2人

  • 香川照之

    香川照之

    父は歌舞伎役者の三代目市川猿之助、母は元宝塚歌劇団雪組娘役トップスターで現在は女優の浜木綿子。父方の祖父は三代目市川段四郎、祖母は女優の高杉早苗、叔父は四代目市川段四郎、叔母は市川靖子。母方の叔母は元タカラジェンヌで宝塚歌劇団47期生の浜由理子。1965年、NHK大河ドラマ『太閤記』に念仏踊りの姉妹の姉役で出演していた浜が妊娠のため、番組を途中で降板。その年の12月に生まれたのが香川である。 両親は1968年に離婚。母の浜が香川を引き取り、女優活動を続けながら女手一つで香川を育てた。小学校から高等学校まで一貫して暁星学園に在籍した後、1988年、東京大学文学部社会心理学科卒業。   ☆ボクシング愛好家 熱狂的なボクシングファンである。俳優として名前が売れる以前から、『ボクシング・マガジン』(ベースボール・マガジン社)で連載「香川照之の熱病的思考法」を執筆していた。ネタ探しに苦しみ、最後はそれも限界が来たことにより連載を取りやめたと最後の熱病で述べた。 ボクシングにのめり込むきっかけは、少年時代に具志堅用高の試合を見たことだった。国内はもちろん海外の試合のビデオや専門誌をも通信販売で購入して研究するほどのマニアである。現在すでにスーパースターに登り詰めている者の試合を見ることよりも、未来のスターを発掘することに関心を持つ。そのため未完成のホープの試合を好む。ボクシング番組『エキサイトマッチ』に出演した際、その豊富な知識に、解説のジョー小泉や浜田剛史すら、番組内で舌を巻くほどだった。 またプロボクサーの西岡利晃選手とも親交が深く、10月1日(日本時間10月2日)にラスベガスで行われたスーパーバンタム級タイトルマッチでの試合解説を務め、西岡が勝った際に「30数年ボクシングを観てきました。日本人ボクサーで、いつか誰かが今日みたいな日を勝利で飾ってくれる時代がきてほしいって、ずっと…」と泣きながらコメントした。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 4人

  • アミール・カーン Amir Khan

    アミール・カーン Amir Khan

    アミール・カーン(Amir Khan、男性、1986年12月8日 - )は、イギリス(イングランド)のプロボクサー。パキスタン系のムスリム。現WBA・IBF統一世界スーパーライト級スーパー王者。 17歳でアテネオリンピックで銀メダルを獲得し、「天才ボクサー」と呼ばれるイングランドの人気選手。 2010年1月、ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約したことが発表された[3]。 2010年5月15日、アメリカデビュー戦となった王座防衛戦で元IBF世界ライト級王者ポール・マリナッジ(アメリカ)と対戦し、11回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した[4]。 2010年12月11日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターにて暫定王者マルコス・マイダナ(アルゼンチン)と3度目の防衛戦を行い、1回の終了間際にボディブローでダウンを奪って優位に立つものの、終盤でマイダナの猛追撃を受けて10回にはストップ寸前まで追い込まれるが、前半のリードの甲斐もあって3-0(114-111、114-111、113-112)の判定勝ちを収めて3度目の防衛と王座統一に成功した[5]。 2011年4月16日、故郷イギリスのマンチェスターにて、同級4位で無敗の挑戦者ポール・マクロスキー(イギリス)と4度目の防衛戦を行い、6回負傷判定勝ち(ジャッジ三者ともに60-54)を収めて4度目の防衛に成功した[6]。 2011年7月23日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターにて、IBF世界スーパーライト級王者ザブ・ジュダーと対戦。序盤から優位に試合を進めて5回終盤に右ボディブローでジュダーからダウンを奪ってそのままKO勝利し、WBA王座5度目の防衛に成功するとともにIBF王座を獲得した(WBAの規定によりスーパー王者に昇格) 2011年12月、ピーターソンにスプリットで敗北

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • ボブ・アラム Bob Arum-トップランク

    ボブ・アラム Bob Arum-トップランク

    ボブ・アラム(Robert "Bob" Arum、1931年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのプロボクシングプロモーター。 1981年9月16日に行われた、シュガー・レイ・レナードvs.トーマス・ハーンズのWBA&WBC世界ウェルター級王座統一戦をプロモートしたことに代表されるように、ヘビー級に偏重するきらいのあるライバルのドン・キングにくらべ、重量級・中量級に偏重しない傾向があり、また近年最大級のスターボクサーオスカー・デ・ラ・ホーヤをバルセロナオリンピック優勝直後に史上最高の契約金100万ドルで獲得しをキャリアの中期までプロモートした。 ニューヨーク州立大学を卒業後、ハーバード・ロー・スクールで法学を修めたエリートで、1966年、プロモート業に乗り出すまでは司法省の企業担当弁護士として企業の脱税問題や独禁法にからむ問題を担当していた異色のキャリアの持ち主である。 スキャンダル続出のドン・キングに比べ一見トラブルの少ないイメージがあるが、海千山千の業界を生き残ってきたことからも分かるようにトラブルも少なくなく、過去に傘下の選手から何度もプロモート権やマネージャーの権利やファイトマネーなどめぐって裁判沙汰になったことがあり、さらに前述のオスカー・デ・ラ・ホーヤも途中、彼の主催するトップランク社から離脱している。 マイク・タイソンを育て上げた名トレーナーカス・ダマトは「北半球で最低な男」と罵倒するほど彼を忌み嫌っていた。また、シュガー・レイ・レナードの専属マネージャーだったマイク・トレーナー弁護士は、レナードの世界初挑戦の際に、王座獲得の場合に行う防衛戦について、格安の専属契約を押し付けられそうになった(トレーナーは交渉の末、これを拒否)件をきっかけに、アラムを毛嫌いしていた。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 1人

  • リングマガジン The Ring Magazine

    リングマガジン The Ring Magazine

    アメリカ合衆国で出版されているボクシング専門の雑誌である。当初はボクシング・レスリング専門誌として1922年にスタートしたが、その後ボクシングに特化した雑誌となっており、独自にボクサーのランキング付けも発表している。ボクシング界では最も歴史と権威ある雑誌とされ、"The Bible of Boxing(ボクシングのバイブル)"とも呼ばれている。 リングマガジンは1922年2月15日に、ナット・フライシャーによって初版発行された。また、スポーツライターのダン・ダニエルズが共同創設者として発行当初より協力している。当初はニューヨーク市を拠点にしたが、その後ロングアイランドに拠点を移し1993年に現在のペンシルベニア州の郊外に移った。 初版はわずか24ページで20セントの雑誌であったリングマガジンだが、スキャンダラス部分もオープンにし、また多くの実力のある無名ボクサーを紹介するなどボクシング界に大きな貢献を果たした。 1977年には英語版だけでなくベネズエラからスペイン語版、東京から日本語版、パリからフランス語版と3つの国際版が出版される。日本からはジョー小泉が早くからリングマガジンに記事を投稿し、東洋地区通信員として活動をしており、現在はリング・ジャパンの代表になっている。 1983年には、ファイティング原田に対し、リングマガジンチャンピオンベルトの贈呈が行われた。 2007年9月にオスカー・デ・ラ・ホーヤが代表を務めるゴールデンボーイ・エンタープライズとその関連会社が、ケイパ・パブリッシング・グループからリングマガジンを買収したと発表された。ゴールデンボーイ・エンタープライズでは将来的にリングマガジンのタイトルの権威を向上させ、タイトルマッチが組めるようにしたいと考えている。しかし、GBP寄りに偏ってしまうのではないか、との批判もある。 "The Ring" and "The Bible of Boxing" are registered trademarks of Sports & Entertainment Publications, LLC.

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 1人

  • タイガーマスク

    タイガーマスク

    タイガーマスクに胸を熱く焦がしたアナタ・・・初代タイガーマスクから4代目タイガーマスク、アニメのタイガーマスクが大好きだというアナタ。タイガーマスク・マニア集結しましょう!

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 3人

  • 稀勢の里応援しよう

    稀勢の里応援しよう

    稀勢の里を応援している皆さん集まってください。

    テーマ投稿数 52件

    参加メンバー 4人

  • 全日本格闘技同盟

    全日本格闘技同盟

    格闘技に関わるすべての人のブログ村トラコミュです。同種・異種を問わず幅広くみんなの格闘技情報を共有していきましょう。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • ザ・UFC

    ザ・UFC

    UFCのトラコミュが無いので作りました。UFC関連の記事であれば何でもいいのでガンガントラックバックしてください。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る