TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

合気道 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    あなたのとりこ 537

    「那間君はどうして何時も、僕に反抗的なんだ?」  土師尾常務が口を尖らせるのでありましたが、これは疑問と云う形を取っているけれど、一種の不満か繰り言として結構素直に発せられた言葉でありますか。 「だって片久那さんと違って、云う事が一々信用出来ないんだもの」  那間裕子女史はあっさりと、尚且つきっぱりと云うのでありました。これは前の上司だった片久那制作部長との比較に於いてと、云うだけではなく、根本的に土師尾常務を虫が好かないヤツだと思っているからでもありましょう。勿論那間裕子女史に嫌われるだけの実績(!)が土師尾常務にある事は、頑治さんも大いに認めるところではありますが。 「それは確かに、前に居た片久那君に比べれば、僕は如何にも頼りなくて無能に見えるかも知れないが、僕だってそんなに棄てたものではない心算だけど」  これは謙遜を匂わせているような云い草ながら、しかしもう愚痴そのものと..

    汎武

    あなたのとりこ 537

    読者になる
  • 2位

    あなたのとりこ 536

     どう云う思惑に依るのか均目さんは何方かと云うと、組合にとって好都合でない方向に話しを進めようとしているように頑治さんは思うのでありました。 「常務がそう云うのなら、何はともあれ我々従業員と常務とで、率直な話し合いをする事が第一の目的なんですから、ここは我々としても労使の団体交渉と云う形に拘るよりは、社内の全体会議と云う形で妥協してはどうでしょうかねえ?」  均目さんが袁満さんの目をじっと見入るのでありました。  ここでまた那間裕子女史が均目さんに猜疑の目を向けるのでありました。 「でも労使交渉と云う体裁を放棄した時点でこちらは、誰かに会社を辞めて貰うと云う前提を、ある意味是認した事になるんじゃないの?」 「しかしそれはあくまでも要請と云う事で、強制的な事ではないんですよねえ?」  均目さんは後半の言葉を発する時に那間裕子女史から土師尾常務の方に顔の向きを変えるのでありまし..

    汎武

    あなたのとりこ 536

    読者になる
  • 3位

    あなたのとりこ 538

     一同は顔を見合わせて一様に困じたような表情をするのでありました。 「特定の人を狙った解雇勧告に対して話し合いを持つんだから、あくまで組合と経営側の団体交渉として行うべきだと思うわ」  那間裕子女史は均目さんを睨むのでありました。 「しかしそれでは話し合いそのものが持てないとなると、入り口で紛糾して仕舞って、それから先の具体的なところに話しが全く及ばなくなくなる」 「兎に角、話しは前に進めないとどう仕様もないか。その目的でこうして申し入れをしているんだから、この際形式には拘らなくても構わないのかも知れない」  袁満さんが不承々々そうに土師尾常務の妥協案に身を寄せて行くのでありました。 「袁満君はもう早速懐柔されて仕舞ったの?」  那間裕子女史が憫笑を片頬に浮かべて云うのでありました。 「そう云う訳じゃないけど、話しの取り掛かりとしては、全体会議と云う形式でも良いかとも思うん..

    汎武

    あなたのとりこ 538

    読者になる
  • 4位

    その62:GN125H お久ぶりのプチカスタム その2

    ・絶景ツーリング ・グルメツーリング ・合気道 など、紹介できればと思っています。

    KenKen

    その62:GN125H お久ぶりのプチカスタム その2

    読者になる
  • 5位

    34年ぶりの景色

    11月28日(土)和歌の浦(和歌山市)に行きました番所(ばんどこ)庭園から雑賀崎灯台が見えます早朝稽古で部員達がここから海に向かって叫んでました34年前、昭和…

    Yamato

    34年ぶりの景色

    読者になる